かわづ花菖蒲園


画像をクリックすると拡大されます。

 町役場の南側、来宮神社の参道入口にあり、約5000平方メートルの面積に、 約300種、68000株の花菖蒲が咲き誇っています。 毎年5月上旬から6月中旬にかけてが開花の時期で、 温泉を引湯することにより、日本で一番早く花が開きます。 あまり知られていませんが、花菖蒲は二度花を付けるので、 鑑賞の楽しみも二倍にふくらみます。
 紫を主に多様な花々が重なりあって広い園を埋め尽くす美しさはまさに圧倒的。 園内に設けられた木道をのんびりと歩きながら、 一面に広がる花々を鑑賞することができます。
 あずま屋も設けられていますので、 休憩しながら、この自然の芸術を味わうことができます。